安全管理体制 安全管理体制

安全管理体制への取組み

当社では、”安全は何よりも優先される“という考えのもと、現場管理を行っております。 さらなる安全意識の定着と、品質の向上に努めてまいります。

安全管理方針

建設現場の安全管理水準の向上を促進し、品質の保持と向上を図るため、安全パトロールを定期的に実施し、安全衛生意識を定着させ危険ゼロの職場をつくることに努めております。 また、安全の基本は、社員一人一人及び、全ての協力会社の意識によるものと考え、定期的な安全教育を実施しています。 作業中の事故を未然に防ぎ、社員全員の安全に対する意識をより高めるための具体的な活動として、協力会社と共に『明友会』を組織し、安全教育・技術向上に努めております。

安全管理体制

明友会の目的
(1)安全衛生・労務管理の改善
(2)施工能力・技術の向上
(3)工事促進の円滑化
(4)協力体制の確立・強化
(5)会員相互の協調・親睦
本会は前条の目的を達成するため次の事業を行っております。
(1)安全意識を徹底させ品質向上を促進するために、安全大会を開催しております。
(2)施工技術並びに能率向上に関する研修会を開催しております。
(3)現場秩序の保持及び安全衛生に関する施策として安全パトロールを実施しております。
(4)会員相互の融和のために年一回総会を開催しております。
(5)その他、本会の目的を達成するために必要な事業を随時行っております。

安全大会の開催

第15回 安全大会 2018年7月5日
  • 安全大会の写真
  • 安全大会の写真
  • 安全大会の写真
「安全・無事故」は当社が施工において最も大切としているものです。静岡県において、建設業が全産業に占める死傷災害の割合は30%を超え、死亡災害では建設業三大災害が全体の80%を占めています。 建設業界のこういった悪状況を十分認識し、 お客様から信頼され、満足していただける施工品質の提供が常にできるよう、社員一人一人の安全意識の向上をはかり、安全教育や安全管理、事故防止等を積極的に取組んでおります。